Meteorブルワリーアルザスの代表的なブルワリー – [Alsace Beer Trip Vol. 2]

1640年からMETEORブルワリーアルザスでビールを製造しています。フランスで一番歴史が長く、一番古い醸造所です。現在までMETEORは家族経営のブルワリーとして、自由にアルザスの伝統的なビールも、新しいクラフトビールも作っています。

Meteor History

醸造所も昔から変わらず、今は見学のために博物館になりました。中に入るとまずホップガーデンにつきます。もちろんアルザスのStrisselspalt品種のホップです。

Meteor hops
METEORのホップガーデン

ホップガーデンを通ると次に、麦芽のディスプレイがあります。

Meteor Malt

そして、最後に噴水があります。これで、ビールの原材料ホップ、麦芽、水が全部出てきました。昔のラボもショールームになっています。

Meteor Labo

ビールのことがとってもわかりやすく、説明されています。製造はブルワリーで見ることができます。煮沸室は、普通は入れませんが、今回は特別に中に入って、写真を撮りることができました。

Meteor Brewery
煮沸室

ブルワリーのコントロルパンエルの前に立つと、歴史が感じられます。

Meteor Control Pannel

このパネルはまだ使えますが、ブルワリーの近代化で、醸造設備が全部コンピューターと繋がっていて、今は自動でビール製造が行なえます。ブルワリーのツアーの最後は一番大切なところです。METEORのタップルームです。

Meteor Taproom

タップルームでは季節限定でMETEORの全てのラインアップのビールが飲めます。ビールを飲んでみて感じた、ビールの香り、味などについてAlsace Beer Trip Vol. 3で詳しく書きます。

下記がブルワリーの全てのラインナップです:

  • METEORピルス
  • METEORクラッシック27ピルスナー
  • METEORラガー
  • METEORブロンド
  • METEORブランシュ
  • METEORフルテェー
  • METEORビアデュプリンテンプスタ
  • METEORビアデェノエル
  • METEORへフェワイツェン
  • METEORパナシュ
  • METEORアルコールフリー

そして、季節のスペシャリティービールのラインナップもあります。3ヶ月限定、醸造所やアルザスのビアバーで生で飲めます。

  • Hopstar(ホップスター)
  • Ink(インク)
  • Supernova(スパノーバー)
  • Fusion(フュション)

「METEOR」ブランド以外、「WENDELINUS」(ウェンデェリヌス)というアッベビアのラインアップも作っています:

  • WENDELINUSブロンド
  • WENDELINUSロッサ
  • WENDELINUSテネブリス
  • WENDELINUSインテンシア

9世紀ぐらいから、現在の醸造所の場所に修道院があったそうです。そこでビール作っていた修道士の文化を尊重するため、METEORブルワリーが今もアッベビアを作っています。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: